×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウォッチシュワッチ愛して恋!!の言葉の意味

.

記事本文


ウォッチシュワッチ愛して恋!!

中西やすひろの短編集。
主人公・甲斐三男(かいみつお)、高校2年生。
幼なじみの世利優子(せりゆうこ)とはいつもケンカばかりだが…。
そんなある日、三男の母親から発明狂だったおじいちゃんの腕時計を預かった。
その時計はスゴイ能力をもつシロモノだった!! その時計の能力とは!? そして幼なじみの優子との関係は…!? タイトル『ウォッチシュワッチ愛して恋』、他5作品収録。
幼いころに母を亡くし、北海道に暮らす母方の祖母に育てられた少女・ウタ(花野歌)。
祖母の死をきっかけに、顔も知らない父親を捜して東京に出てきたが、そこは15歳の純粋な少女にはあまりにも厳しい街だった……。
しかし、ホームレスのみんなや親方や紺野、そしてシバ(柴田)に出会い、ウタは持ち前の意志の強さと純粋な心でたくましく生きていく!ウタはラブホテルのフロントの仕事を辞め、シバとウタの家にテツ(鉄郎)が加わり、三人での新たな生活が始まった。
そしてテツと同じ工事現場で働きはじめたウタは、そこの現場警備のトラちゃんがある女性に恋をしていることを知る。
トラちゃんの恋の相手とは、『ピンク』という小さなバーのママで……。
女の子に興味がないはずの自分がウタに惹(ひ)かれていることに気づき、思い悩んでいたシバは、ある日ウタから初めて紹介された『ピンク』のママに、以前どこかで会ったような奇妙な感覚を感じる。
一方、テツとシバの自分に対する想いに気づいてしまったウタは、二人に黙って家を出て行ってしまう……。
テツとシバ、二人の想いに応えたいのに応えられないウタ。
そんな自分の“ひとりぼっち病”を治してもらうため、今は瀬戸内の牛窓(うしまど)にいるというドクターのもとを訪ねる。
そして、そこでウタとは極端な、大人びていて男遊びが激しい少女・ヒメ(姫生)に出会う……。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60016725