×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

半蔵の門(12)

半蔵の門(12)

斉藤氏を討ち、美濃を攻略した信長は、ついに天下取りへと踏み出した!そんな中、諸国を巡っていた明智光秀は、美濃へと戻り、信長に接近しようとしていた。
武田信玄は家康を暗殺するため、最強の刺客、鉢屋石雲を差し向けた。
そのことを察知した半蔵は、九十九をはじめ、伊賀忍びを総動員して迎え撃つ。
半蔵は家康を守りきれるのか!?半蔵の実父、浄関入道が武田の軍資金の情報を、家康のもとへと持って来た。
家康は武田の黄金を入手すべく、半蔵に武田領の探索を命じるが、そこで半蔵を待ち受けていたものとは!?家康と秀吉は決死の覚悟で殿軍をつとめ、窮地に立たされていた信長を落ち延びさせた。
しかし、安心したのもつかの間、鉄砲の名手、善住房が信長の命を狙っていたのだった!姉川の合戦で、ようやく浅井・朝倉連合軍を破った、織田・徳川連合軍だったが、その前には武田信玄が大きく立ちはだかっていた。
家康のもとへ執拗に刺客を送ってくる信玄に、半蔵はついに暗殺を決意する。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60005820