×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






女帝(3)

大阪の高級クラブ“エレガンス”のナンバーワンホステスに上りつめた彩香だが、パトロンである美濃村辰吉のすすめで、日本一の高級歓楽街、東京の銀座のクラブに進出を果たした。
後援者、美濃村辰吉の紹介で、銀座のクラブ“アマン”に勤めた立花彩香は店に来る様々な客に磨かれ、ホステスとして着実に力をつけて行ったが、それだけライバルも多くなっていったのだった。
持ち前の美貌と才覚でナンバーワンホステスとなった立花彩香だが、ある日偶然、超有名店の黒服進藤英二と知り合うことになり、強引に彼の店“佐和”にスカウトされてしまった。
銀座の超高級店“佐和”は大物政治家も来る店。
そこに移籍した立花彩香は、そうそうたる客に囲まれる日々を送っていたが、意外な人物の出現が、彼女の出生の秘密を明らかにした。
高級クラブ“佐和”のナンバーワンホステスとして人脈を広げる立花彩香の前に、母を捨てた父が現れた。
父から聞く事の真相は、彩香にとって意外なものだった。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60001044