×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無限の住人(16)

公儀御様御用斬首人(こうぎおためしごようざんしゅにん)・山田浅右衛門吉寛(やまだあさえもんよしひろ)、人呼んで“首斬り浅”登場――。
 万次(まんじ)を地下牢に幽閉した番衆(ばんしゅう)・吐鉤群(はばきかぎむら)の目的は、不死の秘法を医学的に解明し、これを実用とすることであった! 不死身の肉体を巡る物語は、男達の野心と思惑が交錯する[極限の密室劇]へと突入する……!!交渉人(ネゴシエイター)・勇午、死す――! バンコクで勇午の死亡が確認された。
たった一枚の写真を巡り、米軍第七艦隊が展開する。
「失われし12番」「レディ・インドチャイナ」「XM785」――米軍のベトナム撤退から24年、数々の謎が白日の下に晒(さら)され、ひとつの線でつながる。
交渉(ネゴシエイト)とは、言葉を武器にした戦いである――。
交渉とは言葉を武器にした戦いである――。
世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)。
オーストリアの議員・ザルツマンから処女受胎したという少女・ノエミに宿った子供の父親を見つけるよう依頼される勇午。
受胎日、そして出産予定日はある人物と一致していた……。
依頼主から「父親の一部だ」として渡される『マグダラの止まり木』と呼ばれるロザリオを手がかりに、勇午がキリストの謎に挑む! 『マグダラのマリア』編、開幕――。
主人公・辰木桂(たつきかつら)が暮らす神戸の街を、彼女の家族や大学の友人との人間関係を通して描いた“神戸体験紹介記”漫画。
第64話「私が泣いた日。
」ほか第57話から第65話までを収録。
――読めばきっと神戸に住みたくなるはず!?主人公・辰木桂(たつきかつら)が暮らす神戸の街を、彼女の家族や大学の友人との人間関係を通して描いた“神戸体験紹介記”漫画。
第77話「神戸に来た日。
」ほか第66話から第77話までを収録。
――読めばきっと神戸に住みたくなるはず!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60017933