×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クイーンフェニックス(2)のページです。

クイーンフェニックス(2)

「鷲の頭」を目指す加蔵春彦と妹の真理は、苦難の旅の末に「鷲の頭」のある女人国に辿り着いた。
道中で熱病にかかってしまった春彦を治せるのは、不思議な力を持つ、女王ただ一人。
真理は春彦の病を治してもらうため、女王に面会し、そして女王の秘密を知る…。
その晩、宮殿で迷ってしまった真理が見たものは、春彦に良く似た死体と、その死体を前に儀式を執り行う女王の姿だった!!加蔵春彦こそが、永遠の生命を持つ女王・バステトが待ち続けていた、カクラテスの生まれ変わりだった! バステトはカクラテスと永遠の時間を生きるため、春彦に永遠の生命を与えようとした。
だが、春彦はそれを拒み、鷲の頭の国からの脱出方法を考え始める。
そんな時、春彦たちは女王への反逆を企てる男衆に会うのだった。
男衆の放った矢を受けた女王は、徐々に不思議な力を失い始め――。
力を失い、ついには老婆の姿になってしまった女王バステトは、春彦の婚約者・鳩子や、国の黄金の財宝を求めて入り込んだ山師を感じ取ることができず、宮殿への侵入を許してしまう。
山師らの持つ銃やダイナマイトに成す術のなく倒れていく女兵たち…。
これを知った男衆たちもたちあがり、反乱を起こす! 銃弾を浴びて倒れた女王は、誇りを持ったまま死にたいと、洞窟の炎へ身を投げるのだった。
春彦に約束を残して――。
「Jドール」――銃声の響きわたる闇世界に生きる者だけが知るその名前。
男は本名も国籍も失い、日本政府の敵を消すため日替わりの標的を仕留め、一夜限りの女を抱いて世界中を飛び回る。
外務省の役人・青柳にフィアンセと娘を奪われた男は、いつか祖国の土を踏み、愛する娘をその腕で抱きしめる日が来るのを夢見ている。
男気とロマン溢れる孤高のガンマン・Jドールを描いたハードボイルド・アクション!!徳川幕府が揺らぎはじめ、倒幕派によるテロ暗殺が多発した京の都。
それらを取り締まるために募集された浪士隊の精鋭集団。
その名は言わずと知れた「新選組」!! 人望厚い近藤勇のもとに集まった試衛館の面々と、水戸浪士・芹沢鴨を慕う者たち。
京へ向かう途中の本所宿で両派の暗闘の芽はすでに始まっていた! 一触即発の場面で芹沢に生イモを突き出し、事態を治めたのは剣客集団の中でも異彩を放つあの男だった。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013920