×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

理想の恋人

理想の恋人

“生涯にただひとつの真実の愛を見つけて結婚する”。
そんな家の伝統に従おうと努力してきたけれど、真の愛など見つけられそうにもない。
悲観したフェイスは、せめて家業の不動産業に貢献しようと、ある屋敷を買い取り、朝食つきホテルに改装することにした。
ところが工事を依頼した建築士ゲイブは、フェイスの提案を受け入れない。
素人だと思ってばかにしているのね! 彼女は自らの能力を証明するため、ゲイブに作業を手伝うと申し入れた。
孤児院の院長職に応募したアリッサは面接官のコナー・クインを前にして、緊張に身を震わせた。
施設のオーナーである彼は、盲目ながら天才発明家として巨万の富を築いた人物だ。
だが開口一番、彼はアリッサを追い返そうとした。
以前、モデルとして働いていたアリッサに偏見を抱いているらしい。
食い下がる彼女に、コナーは冷ややかな声で告げた。
「試してみよう。
きっかり一カ月だけだぞ」。
なんて傲慢な人! かならず私の能力を証明してみせるわ。
呪いは終わっていなかった。
マンダはショックに打ちのめされた。
最初の婚約者は事故死し、二人目の婚約者は殺害された。
今度はデートをした相手が病気で倒れるなんて。
私は一生、恋愛も結婚も望んではいけなかったのだ。
妹の身に起こる不幸に疑問を抱いた兄は、ハンターにある依頼をした。
マンダは17年ぶりに再会した初恋の人を前に激しく動揺していた。
悪い予感がする。
だが、彼は平然と言った。
「僕が三人目の婚約者だ。
君を呪いから解放するためのね」。
デイビッドはいつも、アレックスの人生をハリケーンのようにかき乱す。
彼との結婚生活が破綻して一年。
リゾート地で働くアレックスの傷心は癒えつつあった。
彼の瞳を思って恋しくなるものの、美しい島での穏やかな日々は何物にも代えがたい。
ある日、アレックスは浜で女性の死体を発見する。
ところがその直後、死体は姿を消し、時を同じくしてデイビッドがリゾートに現れた。
なぜ今になって? まさか、彼はあの死体と関係が? アレックスの心は乱れた。
ある夏の日、季明は幼なじみのみゆきに再会する。
しかし、彼女は何者かに追われていた……。
もどらない少年の日に起こった悪夢――。
表題作他、「夏の封印」「桜の誘惑」「夢の揺籠」「First Love」「クリスタル・イリュージョン」「この時間の向こう側」「桜迷宮」を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011271