×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


誘惑される理由**

誘惑される理由

サマンサは、幼なじみのジョニーに長いあいだ片思いをしてきた。
だが二年前、淡い恋はあっけなく散った。
彼がイタリア人女性と、電撃的に結婚してしまったのだ。
サマンサがアレッサンドロ・ディ・リヴィオに出会ったのは、ジョニーの結婚披露宴の席上だった。
花嫁の兄であるアレッサンドロは、なぜか、サマンサに敵意に満ちた視線を向けてきた。
そしてそれは、以後二人が顔を合わすたびに繰り返された。
どうしてなのかしら……なぜ彼は私を嫌うの?その答えは、ある日突然明らかになった。
亡き父から相続したコンドミニアムの名義を変更するため、グウィニスは砂漠の国ズーランにやってきた。
父がどうやってこんなに豪華な物件を手に入れたかは謎だが、これなら高く売れるに違いない。
グウィニスは、父が遺した若き恋人と赤ん坊のためにここを売却して、そのお金で彼女たちの生活を助けてあげたいと考えていた。
手続きが終わるまでコンドミニアムに滞在しようと決め、迎えた初めての晩、グウィニスは違和感を覚えて目を覚ました。
誰もいないはずの室内に、何かしら気配を感じるのだ。
目を開けると、全裸の男性が鋭い目つきでこちらを見ていた。
マシュー・ナイトは、兄弟とともに危機管理会社を経営している。
その彼のもとに、ある依頼が飛び込んできた。
依頼主は父の知り合いの陸軍大佐で、婚約者を捜してほしいという。
婚約者の名はミア・パルミエリ。
彼女は麻薬の密輸に手を染め、忽然と姿を消したらしい。
マシューはすぐさまミアの足取りをつかみ、滞在先のホテルに乗り込んだ。
写真でも美しかったが、実物のミアはさながら女神のようで、罪を犯した女性にはとても見えない。
だが人は見た目で判断できない。
彼は怯えるミアに言った。
「いまから身体検査をする。
壁に手をつけ」リーアはかつて、社交界のプリンセスだった。
美しい容貌と、特権的なライフスタイル。
すべてが完璧だった……あの事故に遭うまでは。
事故でリーアは左腿に傷を負い、夫はその傷跡に嫌悪を示して去った。
あれから三年、リーアは受付の仕事をしながらひっそりと暮らしている。
もうどんな男性にも心そそられるつもりはなかった。
もちろん、新しいボス、ジェイソン・ポラックだって例外ではない。
いくら彼が最高に魅力的で、セクシーな男性だとしても。
だが、リーアは夢にも思っていなかった。
まさかボスが自分に興味を抱き、必ず手に入れると心に誓っていたとは。
アリスは滞在中のイタリアで実業家のドメニコと出会い、彼の熱烈な求めに応じて共に暮らし始めた。
そして六カ月後――。
あなたとの生活に楽しみがなくなったと言い放ち、彼との関係を一方的に断ち切って、故国イギリスに帰った。
実際はそんな軽い気持ちではなかった。
ドメニコが、絶対に結婚はしないと宣言していたことに加え、彼に新しい愛人ができたという噂を聞いて、身を引いたのだ。
案の定ドメニコは、はるばる彼女を追ってきた。
つかの間、彼との将来を夢想したアリスだったが、彼に欲望の対象としか見られていないことを思い知らされる。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60017383



Copyright © 2009 誘惑される理由** All rights reserved